ツーリング バイク パーツ

北海道をゆるり4日間、ダートフリークスペシャルなセロー250でツーリングしてまわるラリーに出てみたよ vol.1

ロードバイクでも、オフロードバイクでも、日本のバイクツーリングのメッカと言えば北海道ですよね。 夏になると、フェリーの予約争奪戦がはじまって、大洗港からいくのか、新潟港からいくのか、はたまた青森や大間からいくのか…そんな「北海道フリーク」の声が聞こえてきそうです。筆者も学生時代から北海道に通っていて、どのルートも体験済み。やっぱ冒険好きには、大間ですよね。

真ん中のスマホに映されているのがコマ図。英語ではロードブックといいます。レースのラリーでは、紙の巻物をマップケースと言うニッチな製品を使って巻き取りながら使いますが、今回はスマホにPDFをいれておけばOKの手軽さ。敷居の低さが、ノースアイランドラリーの嬉しいところです

ところで、コマ図というものをご存じですか? ダカールラリーなどで使用される由緒正しきラリー(※)のツールなのですが、このコマ図を辿る遊びが最近ちょっとしたブームになりつつあります。スポーツとしてのラリーではなく、コマ図を辿りながら主催者の用意した素晴らしいルートをツーリングする、というイベントです。今回、RIDE-HACKで参加したのは第4回目になる「ノースアイランドラリー」。第1回・2回はなんとあのサハリンに渡るイベント(!)だったのですが、第3回目から北海道をめぐるイベントになりました。

※スポーツとしてのラリーは、コマ図を見ながらタイムを競い合います

ツーリング用にカスタムしたセロー250なら、どこへでも

挑戦するのは、エンデューロ界隈ではよく知られたMC&ライダーの、通称楽(らく)さん。そして、バイクはRIDE-HACKでおなじみの連載「DIYメンテ de オフロードバイクが巧くなる!」でクランケとして登場するセロー250に、ツーリングカスタムを施してみました。

ツーリング仕様には、ぜひ欲しいのがスクリーンとハンドルガード。コマ図遊びのためにスマホをとりつけたい、という要望があり、ハンドル径とおなじパイプのステーを持つ便利なZETA製スクリーンを取り付けました。そして、定番のプロアーマーハンドガードに、冬でも寒さを軽減してくれるほどの大きさのスクードプロテクターを装着。完璧なハンドルまわりです。

ZETA アドベンチャー ウィンドシールド セロー250用

品番:ZE70-1411

価格:¥18,700(税込)

ZETA アドベンチャーアーマーハンドガード

品番 : ZE72-6001 (ブラック)
ZE72-6003 (チタンカラー)
価格 : ¥15,048(税込)

ZETA スクードプロテクター

品番: ZE72-6151 (ブラック)
ZE72-6158 (ホワイト)
価格: ¥4,620(税込)

そして、このツーリングで楽さんから特に高評価だったのが、こちらのシートコンセプトの幅広シート。まさにツーリングのために生まれたもので、座面をスタンダードよりも拡げています。座面の広さこそ、おしりの痛みには正義なのだと痛感…!

シートコンセプト
コンフォートシートフォーム&カバーキット セロー250用
品番:42-0140-20-1000

定価:¥28,600 (税込)

積載系は、KAPPAブランドのバッグと、DRCのキャリアでまとめました。特にKAPPAのサイドバッグは使い勝手がとても優れていました。さっと上面から開閉できるので、カッパや工具などすぐに取り出したいものを入れやすいのです。

KAPPA
アルファ サイドバッグ ブラック

品番: AH202BK

価格: ¥18,480 (税込)

ウォータープルーフ シートバッグ

品番: WA404R

カラー: ブラック

価格: ¥12,650(税込)

DRC

ツーリングキャリア セロー250用

品番:D60-10-321

価格:¥13,200(税込)

サイドバッグサポート セロ-250用

品番:D60-01-321

価格:¥9,680(税込)

ヤマハは、セロー250の最終モデルを売り切ってしまい、つまりはツーリングセローもいまでは手に入らなくなってしまいました。でも、こんな風にツーリング用にセロー250をカスタムすることができるのです。個々のパーツは、詳しく今度紹介しましょう!!

イベントスタートはルスツから

このラリーは、留寿都村の遊園地ルスツリゾートをスタート/ゴール地点としていて、このルスツを出発したら、4日間かけて北海道一円を回るのです。

特にタイムを競ったりするものではなく、ルールもないので、途中でどこに立ち寄ってもOK。コマ図から離れて観光しちゃう人も多いのです。こちらは、北海道ツーリングマニアなら御用達の、洞爺湖へ向かう途中で立ち寄ることができるきのこ王国。おいしいきのこ汁をいただいていきましょう!

美しい洞爺湖をながめながら…

RIDE-HACKセローは、ひたすら走ります。一日目は、支笏湖〜洞爺湖をめぐって、北広島市まで林道をまわりながら走るルートでした!

 

人気の記事一覧

  • この記事を書いた人

アニマルハウス

世界でも稀な「オフロードバイクで生きていく」会社アニマルハウス。林道ツーリング、モトクロス、エンデューロ、ラリー、みんな大好物です。

-ツーリング, バイク, パーツ
-, , , ,