おうち時間 キッズ・ファミリー ダートフリーク家庭科部 二輪さんと大二輪さん

【年末年始①】一年の締めくくりと新年の準備。手作り熊手に挑戦!【2022年お正月】

micchan
気が付けば、2021年も残すところあと僅か。
皆様にとってはどんな一年でしたでしょうか?

本年もまだまだ元通りの日常とはいきませんでしたが、少しずつイベント活動を再開させたりなど、前向きに頑張ってきたダートフリーク。
そしてこんなご時世でも新しい事に挑戦し続けてきました。

その新しい活動の一環として、発足したものの一つに、ダートフリーク家庭科部があります。
今回は、そんな家庭科部の活動、2021年の締めくくり!

micchan
良き新年を迎えるために、神様をお迎えする準備として、手作りの熊手を製作しました!

 
 

 
 

お正月になぜ熊手?

熊手は本来、落ち葉などを一度にかき集めるのに便利な農具。
そんな熊手をお正月に飾るのは、その「かき集める」という使い方から、よい運勢、金運、財運など、様々な福を一度にかき集めてくれる。という考え方からだそうです。
また、厄を掃き清める神聖な道具という側面もあったことから、招福と厄除けの縁起物とされてきました。

その熊手に、更に様々な縁起物で飾り付けることで、翌年の福を願う習慣として熊手を飾るようになったようです。

 

 

熊手に飾る、縁起物

今回手作り熊手を作るにあたって、熊手に着ける飾り=指物(さしもの)についても調べてみました。
普段何気なく目にしているものや、年末年始によく見かけるなーと思うものには、実はこんな意味や願いが込められていたんです!

おかめ

縁起物でよく見かける、おかめの面。お多福と呼ばれることもあるこのお面は、読んで字のごとく「多くの福を呼ぶ」と言われています。色白く、ふっくらした顔立ちと優しい表情は、昔は福を呼ぶ好ましい顔立ちとされていたのだとか。

 

 

扇子

末広がりの形や、神様に舞を奉納する際に用いられたことから、縁起物として親しまれている扇子。
神様のご利益が宿ると考えられています。

 

 

小判

古くは江戸時代から、客商売のお店で、商売繁盛を願って飾られています。

 

 

うちでの小槌

振るうと願いが叶う、伝説の小槌。
日本の昔話でも、鬼が宝物としてもっていたり、七福神の一人である大黒天の持ち物であったりと、富の象徴として登場します。

 

 

米俵

日本人にとって大切な食べ物。お米。
お米は古くから俵に詰めて保存されており、お米がたっぷり詰まった米俵は、飢えを知らない富の象徴とされてきました。七福神が乗る宝船にも、五穀豊穣の象徴として米俵が積まれています。

 

 

紅白の御幣(こうはくのごへい)

鏡餅に飾られている、あの紅白の紙。あの飾りは御幣(ごへい)と呼ばれ。神様へのお供えものとして使われています。紅白には厄除けの意味があるといわれており、家内安全・商売繁盛の願いが込められています。

 

 

この他にも様々、縁起ものをモリモリに盛って、福を最大限にかき集めたい!という野望を胸に、家庭科部、初めての熊手づくり、早速スタートです!

 
 

熊手を作ろう!

毎度のごとく、完成イメージから作ります。
今回は、縁起のよい指物に加え、ダートフリークの特色をふんだんに乗っけた熊手を考えました!

 

はい!tomoさんお手製、完成予想図がコチラです。
中心にはお多福顔の愛らしいおーにわさん。やんごとなき微笑みを湛えてらっしゃる…。愛おしい…。

「お目出"たい"」にかけて、"タイ"ヤ。
「"繁"盛するよう"努"力す"る"」で"ハンドル"。
など、オリジナルの縁起ものも考えました!

そしてこのデザインを実際に作りたいサイズに印刷した後、厚紙に貼ります。

というのも、今回の熊手製作計画は、まずは厚紙のベースを作り、その上にちりめんを貼ったものを組み立てようというもの。

相変わらず家庭科部全員が未経験の作業ですが、そんな事は気にしません!
思いつくままエンジョイして作っていきます!

というわけで、厚紙に貼った図案がコチラ。

 

micchan
このままでも十分可愛い。ステッカーにして欲しい可愛さです!

しかし家庭科部はこれでは終わりません。
厚紙に貼った図案に沿って、キレイにハサミでパーツごとに切り分けます。

 

じゃーん!
キレイに切れました!

大まかにグルーピングしてケースに入れておくと、組み立ての際に間違いにくくなるのでおススメです👍

あとは、設計図と切った厚紙それぞれに…

 

このように、重ねる順番の番号を振っておくとGOODです!

組み立ての際は、1から順番に下から重ねていくイメージです。

厚紙と設計図の準備ができたら、続いてはお待ちかねのちりめんを貼る作業です!

 

京都・多加楽(たからく)本舗
( https://www.amazon.co.jp/stores/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%83%BB%E5%A4%9A%E5%8A%A0%E6%A5%BD%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%8F%E6%9C%AC%E8%88%97/page/7CF4B365-E4DE-4154-9D44-C2453884EC2F?ref_=ast_bln )

京都・多加楽(たからく)本舗さんの、手芸用端切れを買ってみました!

 

micchan
柄もの、無地、大きさもランダムのものでしたが、可愛い~~~~~~!
高級感のあるよい質感~~~~!

様々な色や柄が入っていて、大量に使う訳ではない場合にはとってもお得感があります!
今回の熊手づくりにはぴったり大当たりのお品でした!

 

このちりめんを色分けして、使う箇所ごとに付箋のメモを貼り、準備は完了。

次回はこのちりめんを厚紙に貼っていきます!

次回の更新は年越し後の予定です!

micchan
では2022年にまたお会いしましょう!
皆様よい年末年始をお過ごしくださいませ

人気の記事一覧

  • この記事を書いた人

micchan

DF1年目のひよっこスタッフ。大好きなおうち時間を有意義に過ごすために、日々様々な趣味にトライしまくり中。

-おうち時間, キッズ・ファミリー, ダートフリーク家庭科部, 二輪さんと大二輪さん,
-