zeta-racing

BODY PARTS

ZETA チタン ブレーキディスクボルト

ZETA チタン製 ディスクボルトは作業性を重視し、頭部形状を純正品とは異なる形に設計。64チタンの強度の優位性から、工具の掛代を増やすことに成功
また、純正ディスクボルトの中には必要以上に長いものが存在するが、ZETA製品では最適な長さに変更することでさらなる軽量化を図る。

車種によっては取付の都合上、同形状のものがございます。

【ご注意ください!】
メーカー整備マニュアルに従って、必ずネジロック剤を塗布してから取り付けてください。
品番 : 商品情報をご覧ください。
価格 : 商品情報をご覧ください。

ZETA チタン製品とは


チタンイメージ

● 熱間鍛造・切削加工・転造加工

ZETA チタン製品は余計な装飾加工をしないシンプルな設計が特徴。それは、チタン本来の目的を重視したもので不要な加工は一切ない。ただチタン部材を切削するだけでなく、熱間鍛造製法を施すことで素材強度を上回る引張強度を誇る。頭部は精密切削加工によって最適な品質を確保し、高強度素材のためワンサイズ小さく設計することでさらなる軽量化にもつながる。ネジ部は転造加工を用いることで焼き付き、カジリを防ぐ。


● 64チタンを採用

国内では通称で「64チタン」と呼ばれるが、アメリカ ASTM規格では「ASTM B348 Gr5」 (グレード5)と呼ぶ。Ti-6AL-4Vの表記は化学成分を明記したもので、質量分率でアルミニウム(AL)6%、バナジウム(V)4%が含まれていることを意味する。医療用金属としてインプラント、人工骨などとして広く認知、利用されている。また、その強度から航空機、宇宙産業、原子力産業、産業用タービン、自動車・オートバイマフラー、ゴルフクラブヘッドなどに使われる。64チタン合金はチタン合金全体の70%を占める、最もよく利用されている合金。

軽量比重は約4.5。鉄7.8、アルミニウム2.8の中間にあたる。(鉄の55~60%の重量)
高強度引張強度が900N/mm2以上あり、SCM435(クロムモリブデン鋼)の930N/mm2に匹敵。
錆びない表面に不動態被膜を形成するため半永久的に劣化しない。
人や環境に優しい金属アレルギーの心配がない為、インプラントや人工骨としても利用される。また、リサイクルも可能。
美しい耐食性に優れるため装飾品としても利用される。陽極酸化で様々な色合いを出すことも可能。
加工が困難切削・プレス成形・溶接に高い技術が必要とされる。
高価格レアメタルなうえに、精錬に手間がかかり、加工も難しい。
焼き付き・カジリ摩擦に弱く、焼き付きやカジリが発生しやすい。

● チタンの種類とその他金属との強度比較

純チタン:他のチタン合金に比べて安価。耐食性に優れるが強度が低いのが特徴。
α合金:耐クリープ性(長時間の応力に対する変形率)に優れる。溶接作業にも優れるが加工性は悪い。
β合金:チタン合金の中で、最も高い強度がある。加工性にも優れるが生産コストが非常に高い。
α-β合金:強度、延性、じん性が高く、加工性にも優れる。ZETA チタン製品はα-β合金のTi- AL-4Vを使用。

名称合金名引張強度
純チタンJIS 1種275~412N/mm2
純チタンJIS 2種343~510N/mm2
純チタンJIS 3種481~618N/mm2
α合金Ti-5AL-2.5Sn850N/mm2
α-β合金Ti-6AL-4V900N/mm2
β合金Ti-15Mo-5Zr-3A11470N/mm2
その他の金属合金名引張強度
ジュラルミン2017-T4425N/mm2
超ジュラルミン2024-T361495N/mm2
超々ジュラルミン7075-T6481~618N/mm2
一般構造鋼(鉄)SS400400N/mm2
炭素鋼S45C570N/mm2
クロムモリブデン鋼SCM435930N/mm2